スポンサーリンク
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

VRの基本知識について

VR : virtual reality(ヴァーチャルリアリティー)という言葉。

テレビのニュースや雑誌などにも取り上げられ始めました。

皆さんも最近良く聞くになりましたよね。

この言葉を聞いて、子供のことアニメでよく見た近未来が近くまで来ているのかなぁ?と思われるかもしれません。

このヴァーチャルリアリティーについて少しお話いたします。

実は50年前からVRは存在している。

皆さんはびっくりするかもしれませんが、VRは半世紀前から存在するものです。

海外はもちろん日本においても結構昔からVRへの研究は行われています。

日本のVRは30年ほど前からある。

そんなこと知らないよ?と思うかもしれませんが、結構皆さん知っているはずなんです。

例えば、電車でGO!これってVRなんですよ。VRとは仮想現実というものです。

要はシュミレーションなんです。そう考えると、色々ありませんか?

ゲームの分野やエンターテイメント、医療、設計、ロボットなど色々な分野にVRというものは存在するのです。

案外VRってアナログ仕掛け。

最先端のイメージがあるVRですが、仕掛けは単純な面もあります。

すっごいシンプルに言うと、単なる仮想現実なのです。

例えば、肘と膝にサポータをつけて四つんばいになって歩くということをします。

これは見方によれば犬の視点になるという仮想現実。

こういうことなのです。

コンピュータによって生活と産業に浸透したVR

コンピュータの処理能力の向上により、複雑なシュミレーション計算が出来るようになり

医療分野や建築設計分野において、病気の進行に対してのシュミレーションや、建築物の大震災時のシュミレーション、最近ではGPS情報や映像情報をAIで解析していくなどもあってVRが国民の生活やmわが国の産業に欠かせない存在になりました。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の登場で、一気に一般化するVR

最近、皆さんの耳にVRという単語が入ってくるようになった大きなきっかけはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の登場によるところが大きいです。

このHMDの登場により、エンターテイメント性が一気に花を開きました。

高度化したVR技術と映像を組み合わせたことにより「直感的に異世界」に誘う事ができるようになり、「非現実」を体験したいという需要を生み出したのです。

一番大きかったのは、プレイステーションVRの登場でしょう。やはり超有名企業がメディアを利用したプロモーションを展開すると世の中に影響しますね。

しかし、真のVRエンターテイメントは、プレイステーションのようないわゆる家庭用ゲーム機では体験できません。ゲームセンターに設置されるようなアーケードゲーム機や、ゲームパソコンを利用したパソコンゲーミング、映画館等の大型映像・音響施設の活用で真のエンターテイメント性を発揮していきます。

今後のVRの発展には期待する部分が大きいですね。


以下も是非ご覧ください。

出張や移動・旅ではテクニックを駆使して、現金化出来るポイントやマイルを漏らさず貯めましょう。少しの工夫で豊かな生活につながります。 ...
今回は海外出張の話です。 出張旅費が高額になりやすい海外出張こそ大量のポイントやマイルを確保するチャンスです。 今回はJAL航空...
出張でラスベガスに行ってきました。 ラスベガスといえば「カジノ」というイメージがありますが、ビジネス関連の「見本市」「展示会」を頻繁に...

出張ならじゃらんがオススメ!

CMで有名な「ハピタス」
まだ使ってない人は是非登録をお勧めします
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ハピタス公式ページはこちらから

スポンサーリンク
VRレクタングル大
VRレクタングル大
スポンサーリンク
VRレクタングル大