スポンサーリンク
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

3タイプのヘッドマウントディスプレイ②パソコン接続型

今回も引き続きヘッドマウントディスプレイ機器についてお話しようと思います。

先日は3タイプあるヘッドマウントディスプレイのうち2つを紹介しました。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)が世の中に登場して2年程度経過します。 VRヘッドマウントディスプレイは3種類ある この2年...

今日はヘッドマウントディスプレイの親玉というべき「パソコン接続タイプのヘッドマウントディスプレイ」をご紹介します。

VRはパソコン接続タイプじゃないと楽しめない

先日は「スマートフォンを利用したタイプ」「家庭用ゲーム機を利用するタイプ」の2種類について話しましたが、これらは機能的・コンテンツ的に未成熟な点がありVRをエンターテイメントとしてガッツリ楽しむには課題があると説明しました。

じゃぁ、まだVRは目新しさ以外では楽しめないの?という考えも出てくるかと思いますが、そんなことはありません。確りとしたVR環境を揃えることが出来れば、家庭でも本格的にVRエンターテイメントを楽しむことが出来ます。

それが、「パソコン接続タイプのヘッドマウントディスプレイ」です。

具体的には

・HTC Vive
・Oculus Rift

この2機種です。

現在日本ではHTC Viveの方が主流になっていますね。

圧倒的なクオリティー、完璧な没入感

まず映像のクオリティーが段違いです。以下はVIVEのスペックです。

・解像度は2160×1200(片目あたり1080×1200)

・ディスプレイは有機EL (OLED)

・センサーを32個搭載。位置情報を完璧に捉える。

・視野角は110度あり、視界全てに映像が広がる

一度試してみると、この没入感は感動します。PSVRやGear VRとは比較できません。

コンテンツが豊富で、色んなジャンルがある

機器の性能がいくら良くても、楽しめるコンテンツ・ソフトが無いと全く意味がありません。その点、VIVEは「steam」という世界最大のパソコンゲームプラットフォームと連結していて、VR対応のコンテンツの量がとにかく多い。1,000以上のコンテンツがあります。

Raw Data等の激しいものから、Disney Moviesなどの一般向けのものまで、ありとあらゆるものが揃っています。

中でも、万人受けするのが「google earth VR」でしょう。

こちらは、「HTC Vive」「Oculus Rift」 双方対応しています。

本当に地球を闊歩している気分になります。まさに非日常です。

課題はパソコン環境だが、そんなに高くは無い

「HTC Vive」「Oculus Rift」楽しむ為にはパソコンが必要です。

しかも、一般的なパソコンではなく、グラフィック描写性能が高い「ゲーミングパソコン」が必要となります。

とはいっても、そんな法外に高いものではなく、パソコン専門店なら10万円くらいで購入することが出来ます。ヘッドマウントディスプレイとセットで20万円くらいです。

PlayStation VRは環境をそろえるのに9万円程度かかります。PlayStation VRと比較すると高く感じる面もありますが、機器性能と楽しめるコンテンツの数の豊富さは圧倒的です。

せっかく高価なVR機器をかっても、楽しむコンテンツが少ないと意味がありません。

また、「ゲーミングパソコン」を用意する必要があるのですが、これは「パソコン」ですのでゲーム以外にも当然利用、活用が出来ます。

いますぐ、VRをガッツリ楽しみたいという方には「HTC Vive」を私はお勧めします。

ただ、もう暫く待とうと思っている方は、冬まで待たれると良いと思います。

新製品が数多く出てくる予定です。こちらについても記事にしていこうと考えています。


以下も是非ご覧ください。

出張や移動・旅ではテクニックを駆使して、現金化出来るポイントやマイルを漏らさず貯めましょう。少しの工夫で豊かな生活につながります。 ...
今回は海外出張の話です。 出張旅費が高額になりやすい海外出張こそ大量のポイントやマイルを確保するチャンスです。 今回はJAL航空...
出張でラスベガスに行ってきました。 ラスベガスといえば「カジノ」というイメージがありますが、ビジネス関連の「見本市」「展示会」を頻繁に...

出張ならじゃらんがオススメ!

CMで有名な「ハピタス」
まだ使ってない人は是非登録をお勧めします
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ハピタス公式ページはこちらから

スポンサーリンク
VRレクタングル大
VRレクタングル大
スポンサーリンク
VRレクタングル大