スポンサーリンク
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

高性能VRで活況となる市場

VRの中でも高性能VRは新しい需要による市場の拡大が期待できます。

ハードウェア・開発ソフト・技術者育成教育・コンテンツ各々で市場が活性化する

全く新しい市場が生まれる訳ではありませんが、現在ある各市場は新しい需要で活性化していくと思います。その大きな要因は、高性能VRは「高精細映像コンテンツ」であって「疑似体験が出来るメディア」であり、提供できる情報に高い価値があるからです。

「今まで伝えることが出来なかった未来体験という情報が提供できる」
「今まで体験できない仮想世界を楽しむことができる」
この二つには大きな経済的投資価値があります。

例えば、
VR映画やVRゲーム、VRニュースなどコンテンツ自体を製品とする。
VR技術を使ってシュミレーション結果を情報として提供し、製品プロモーションをするなど

高性能VRは投資につながりやすい物なのです。

市場の活性化の順番

現在、高性能VRの市場は立ち上がっている途中です。既に新しいプレーヤーも誕生はしていますが、まだその存在を確立するところまでは至っておらず、既存企業の活動が目立っています。高性能VRによって新興企業が目立ってくるのは、VRコンテンツの効果的な活用事例が確立されてからでしょう。

活性化する市場の順番

・ハードウェア
・開発ソフト
・プログラマー養成
・コンテンツ

この順番でしょう。

ハードウェアの活性化

高性能VRを実行する為には、高性能HMDと高性能パソコンが必要となります。

これらの機器は各々単価が10万円以上です。HMDメーカーおよびパソコンメーカーは、この需要の広がりを自ら推し進め、高性能機器の販売を促進していこうとしますし、現実にそうなっています。

そもそも、このような機器を市場の創世記に入手しようとする人々は、技術者や情報発信力のあるギークである場合が多いので、この時点で多くシェアを獲得した機器がその後のデファクトスタンダードとなっていく可能性が高いといえます。

特にパソコンについては、高性能VRの登場を大きなチャンスと考えているメーカーは多いはずです。高性能VRは必ずパソコンを必要とします。長らく低迷してきた市場を一気に反転できる可能性を持っています。

開発ソフト

VRの開発ソフトは何個かありますが

・Unity
・Unreal Engine

そのほかにLumberyardというのもありますが、現状ではこの二つです。

各々特徴はありますが、HMDコンテンツはこの二つで作られていることが殆どです。

双方共に無料で使えます。ではどのように開発ソフト会社は利益を得るかというと、開発したソフトで一定以上の利益を創出したコンテンツが登場した際や、開発したソフト自体を販売して収益を得る場合に、その売上の数%をロイヤリティーとして得るというビジネスモデルです。

つまり、開発環境でスタンダードになればなる程、販売されるコンテンツが増え、ビジネスシーンで活用されるコンテンツも増えていき、収益が雪だるま状に拡大するということです。

UnityとUnreal Engineについては、各々特徴があって、ゲームチェンジとなりえるロイヤリティーフリーのLumberyardもあるのですが、そこら辺については、また次回に書こうと思います。


以下も是非ご覧ください。

出張や移動・旅ではテクニックを駆使して、現金化出来るポイントやマイルを漏らさず貯めましょう。少しの工夫で豊かな生活につながります。 ...
今回は海外出張の話です。 出張旅費が高額になりやすい海外出張こそ大量のポイントやマイルを確保するチャンスです。 今回はJAL航空...
出張でラスベガスに行ってきました。 ラスベガスといえば「カジノ」というイメージがありますが、ビジネス関連の「見本市」「展示会」を頻繁に...

出張ならじゃらんがオススメ!

CMで有名な「ハピタス」
まだ使ってない人は是非登録をお勧めします
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
ハピタス公式ページはこちらから

スポンサーリンク
VRレクタングル大
VRレクタングル大
スポンサーリンク
VRレクタングル大